アーカイブ : 2016年 6月

16.6.21ピックアップ1

父の遺志継ぎ、菓子職人に
舞鶴の福村さん  家業の和洋菓子店を5年ぶり再開

舞鶴市北吸の和洋菓子店「フクムラ」が1日、5年ぶりに営業を再開した。大阪で会社勤めをしていた福村昌也さん(37)が、亡くなった父の遺志を継いで菓子職人に転身し、古里に戻って再び店を開けた。

5年ぶりに営業を再開した和洋菓子店「フクムラ」(舞鶴市北吸)

5年ぶりに営業を再開した和洋菓子店「フクムラ」(舞鶴市北吸)

16.6.21ピックアップ2

革小物の製造ライン計画
豊岡のワイズエンタープライズ

革加工業のワイズエンタープライズ(本社・豊岡市大篠岡)が、豊岡初となる革小物専用の製造ラインの整備計画を進めている。これまでから鹿革や牛革を使った財布やコインケースなど小物の製造を手掛けているが、専用工場の整備で染色から加工まで一貫して行い、より高品質の製品を製造して国内外に販路を広げる考え。10月の稼働を目指している。

16.6.21ピックアップ3

実験店舗でニーズ探る
舞鶴のウッディーハウス

舞鶴や神戸などでセレクトショップ 「WOODYHOUSE」を展開するウッディーハウスは10~12日、舞鶴市浜の本部ビル1階で3日間限定の実験店舗をオープンした。こだわりの衣料と生活雑貨が溶け込んだ空間を提案し、ニーズを探った。

16.6.11ピックアップ1

空き店舗をチャレンジショップに
舞鶴に店長日替わりカフェバー開業

店長が日替わりするチャレンジショップ「カフェ&バー FLAT+(フラットプラス)」が5月29日、舞鶴市平野屋の平野屋商店街にオープンした。シャッターが目立つ中心市街地に若い起業家らが集う新たな商業施設が誕生した。

チャレンジショップ 「フラット+」 のオープングパーティー。 多くの若者が会話し、にぎわっていた(舞鶴市平野屋)

チャレンジショップ 「フラット+」 のオープングパーティー。 多くの若者が会話し、にぎわっていた(舞鶴市平野屋)

16.6.11ピックアップ2

夏場の集客の目玉に
奥神鍋にフォレストアドベンチャー

豊岡市日高町山田の奥神鍋スキー場そばに11日、森林をそのまま活用したアスレチック施設「フォレストアドベンチャー奥神鍋」がオープンする。北近畿では朝来、篠山に次ぎ3施設目。閑散期となる夏場の集客の目玉にし、神鍋地域の宿泊施設利用などにつなげる。

16.6.11ピックアップ3

長田野、綾部工業団地の15年度の概況
出荷額 両工業団地とも増

長田野、綾部両工業団地の2015年度の概況がまとまった。中国を始めとする新興国経済の減速など厳しい環境の中、 長田野工業団地の出荷額は前年度比2.3%増の2695億9378万円と過去2番目を記録し、3年連続で増加。府綾部工業団地も同3.4%増の521億1558万円と5年連続で前年を上回った。

16.6.1ピックアップ1

住宅基礎の耐震補強に新工法    豊岡の拡運建設

総合建設業の拡運(こううん)建設(本社・豊岡市日高町名色)は、コンクリート構造物の補修に用いられる新工法「グラウト押上注入工法」を住宅基礎の耐震補強工事に応用するため、明石工業高等専門学校 (明石市) と共同研究を進めている。従来の基礎補修工事と比べ工期短縮と大幅な費用削減ができる利点を生かし、中古住宅のリノベーション事業に参入したい考え。

5月10日には関係者らを集めてグラウト押上注入工法の試験施工が行われた(豊岡市日高町名色)=拡運建設提供  

5月10日には関係者らを集めてグラウト押上注入工法の試験施工が行われた(豊岡市日高町名色)=拡運建設提供

16.6.1ピックアップ2

観光拠点へ再整備    おおい町のきのこの森

おおい町鹿野の公園施設「きのこの森」がリニューアル工事のため1日から休園している。特産のキノコの収穫体験施設などを新設する計画で、新たな観光拠点を目指す。再整備にかかる総事業費は約3億円。来年4月に再オープンする予定。

16.6.1ピックアップ3

綾部にケーズデンキとココス誘致    グンゼが社宅跡を再開発

アパレル大手のグンゼ(登記上本社・綾部市青野町)は5月26日、綾部市西町3丁目の商業施設「グンゼライフポケットアユラ」のエリアを拡大し、新たに家電量販店の「ケーズデンキ」とファミリーレストラン 「ココス」を誘致すると発表した。いずれも11月中旬の完成を予定し、 早期のオープンを目指す。

「グンゼライフポケットアユラ」の完成イメージ

「グンゼライフポケットアユラ」の完成イメージ

購読キャンペーン