アーカイブ : 2015年 4月

15.4.21ピックアップ1

地域活性化や海外展開評価
経産省の「がんばる中小企業300社」 北近畿から3社

経済産業省はこのほど、 革新的な製品開発やサービスで地域経済活性化や海外展開に取り組む企業の事例を紹介する「がんばる中小企業・小規模事業者300社」を発表し、北近畿からは「但馬寿」(本社・新温泉町細田)と「民谷螺鈿」(同・京丹後市丹後町三宅)、「湖上館」(同・若狭町海山)を選んだ。いずれも地域資源を生かした活性化や海外展開など、独自の取り組みが評価された。

15.4.21ピックアップ2

養父の兵庫ナカバヤシ  レタスの出荷始まる
関宮で完全人工光栽培

アルバムやノートなどの製造を手掛けるナカバヤシの子会社、兵庫ナカバヤシ(本社・養父市大屋町笠谷)は15日、養父市大谷の関宮プラント(植物工場)で生産したレタスの出荷を始めた。これに先立ち11日には同市八鹿町高柳の道の駅「ようか但馬蔵」で工場生産レタスの無料配布を行い多くの人でにぎわった。

15.4.21ピックアップ3

台湾に自社ブランド米輸出
綾部の農樹、現地の貿易会社と連携

綾部市物部町に本社を置く農樹は4月上旬から、自社ブランド米の台湾への輸出を始めた。日本政策金融公庫の「トライアル輸出支援事業」を活用し台湾の貿易会社と連携したもので、輸出のノウハウを蓄積して今後の海外展開への足掛かりとする。

台湾に米の輸出を始めた農樹の中津隈社長(綾部市物部町)

台湾に米の輸出を始めた農樹の中津隈社長(綾部市物部町)

15.4.21ヘッドライン

舞鶴
●「舞鶴YMCA国際福祉専門学校」が開校
●イタリア料理「アンジェロ」が開店
●まいづる逸品づくり塾で7つの新商品が完成

綾部
●産業用ホースの生産拠点に  住友理工がTRI京都の開所式開く

宮津・与謝
●丹後郷土資料館がリニューアルオープン

京丹後
●あじわいの郷リニューアル 道の駅「食のみやこ」が開業
●ファン獲得へ酒蔵直営バー  竹野酒造が店舗開設
●45の観光ツアー企画  京丹後龍宮プロジェクト
●漁師めしで誘客  久美浜に「みなと食堂」開店

豊岡
●海上タクシーでジオサイト  北前館が5月運航へ
●コウノトリ但馬空港  利用者数が過去2番目記録

兵庫丹波
●丹波にこだわったカフェ  中島大祥堂丹波本店が開業
●HACCP取得へ施設更新  丹波乳業が日本公庫の融資活用

15.4.21データなど

●3月の企業倒産概況
●3月の手形交換概況
●3月の京都縦貫道交通量
●2月の舞若道交通量
●建築確認申請
●食品営業許可
●不動産競売情報
●国、府県、市の入札結果

15.4.11ピックアップ1

豊岡のエムが農業参入
アイメック農法でトマト栽培

豊岡市出石町袴狭に本社を置く不動産管理会社のエムはこのほど、人口減少や有害鳥獣被害に悩む袴狭地域を活性化させようと農業に本格参入した。アイメック農法でトマトをハウス栽培し、熱源には間伐材を利用した木質ペレットを使うなど環境に優しい農業を実践。3月から「TOYOOKA FRESH TOMATO」のブランド名で本格販売を始めた。

15.4.11ピックアップ2

KTR、京都丹後鉄道で再出発

北近畿タンゴ鉄道(KTR) が1日、「京都丹後鉄道」(略称・丹鉄)に改称し、新たなスタートを切った。高速バス大手のウィラーアライアンスの鉄道事業会社、ウィラートレインズが、第3セクター会社のKTRから運行を引き継いで再出発した。慢性的な赤字経営が続く近畿北部のローカル鉄道の経営改善を目指す。

福知山駅であった京都丹後鉄道の出発式。ウィラートレインズの村瀬社長(左端)や府の岡西副知事(右端)らがくす玉を割って門出を祝った

福知山駅であった京都丹後鉄道の出発式。ウィラートレインズの村瀬社長(左端)や府の岡西副知事(右端)らがくす玉を割って門出を祝った

15.4.11ピックアップ3

無撚糸で藤布を軽量化
京丹後の遊絲舎  ショールを商品化

京丹後市網野町下岡の織物業、遊絲舎は、フジを原料にした「藤布」を生地に使ったショールを商品化した。これまでから藤布で帯などを織ってきたが、無撚糸むねんしを使った新たな手法により軽い藤布を実現。海外でも高い評価を得ており、和装や洋装の分野に応用していく考えだ。

15.4.11ヘッドライン

 

福知山
●ゆらのガーデン 5月1日に営業再開

綾部
●1グラム2円で量り売り  あやべ温泉がレストランリニューアル
●コインランドリーぴーかん  マットレスクリーニング始める

舞鶴
●八島商店街に「フィッシュバル鯨」がオープン
●舞鶴市子育て交流施設完成、25日オープンへ

宮津・与謝
●丹海、「伊根航路」今年も   天橋立-伊根間を運航
●フクヤ  与謝野、伊根でも移動スーパー開始

豊岡
●雨天対応で滞在時間延長を  竹野に自然体験施設完成

養父
●八鹿鉄工がトマトハウス増設  年間出荷額1億円めざす
●ブルーベリー農園を再生  アグリイノベーターズ

若狭
●エコファームみかた、「BENIサイダー」発売

15.4.11データなど

●3月の日銀短観
●3月1日の推計人口
●3月の白生地生産量
●2月の有効求人倍率
●2月の舞鶴港貿易額
●新設法人情報
●建築確認申請
●食品営業許可
●不動産競売情報
●府県の倒産情報
●国、府県、市の入札情報

購読キャンペーン