アーカイブ : 2012年 7月

12.7.21ヘッドライン

福知山
●京都銀行駅南支店がオープン
●府などが第4回北部地域総合公共交通検討会開く
●福知山アークホテルがリニューアル開業

舞鶴
●和幸産業が舞鶴工場を公開=写真


●舞鶴商工会議所が市に政策提言
●「舞鶴かに」が地域団体商標に

宮津・与謝
●丹キャンが2012年度総会開く

京丹後
●松田精工が海外市場開拓を本格化
●うめや本舗がばらずしの具材セットなど販売

但馬
●都内工務店とこだわりの住宅販売 豊岡の山本銘木店
●豊岡市がエコポイント制度始める
●朝来の此の友酒造が日本酒「天空の城」を発売

若狭
●「若女将インターン」の参加者決まる=写真

12.7.21ピックアップ1

市場金利低下で経常収益悪化
北近畿4金融機関の2012年3月期決算

北近畿に本店を置く4金融機関の2012年3月期決算が出そろった。市場金利の低下に伴って一般企業の売上高に当たる経常収益が但馬信用金庫を除く3金融機関で減少するなど厳しい決算内容となった。当期純利益が増加したのは中兵庫信用金庫だけで、残る3金融機関はいずれも減益となっている。

12.7.21ピックアップ2

環境負荷減らし鮮度向上
綾部の府畜産センターが鶏卵洗浄装置を開発

綾部市位田町の府畜産センターはこのほど、鶏卵の洗浄から排水の浄化まで一連の流れをシステム化した鶏卵洗浄装置を開発した。従来の洗浄方法に比べ環境への負荷を大幅に低減したほか、卵殻へのダメージを減らして鮮度保持効果を向上させた画期的な装置。府内企業と連携して実用化を目指しており、養鶏場などでの普及を図る。

12.7.21ピックアップ3

大飯原発の再稼働「容認」64%
北近畿100社にアンケート調査

北近畿の事業所のうち、 おおい町の大飯原発の再稼働に一定の理解をしている企業は64%あることが北近畿経済新聞のアンケート調査で分かった。理由としては事業活動の停滞を懸念する意見が多く、経済活動を続けていくためには原発の再稼働は仕方がないと考えている企業が多いようだ。

12.7.21データなど

●6月の企業倒産
●6月の手形交換
●5月の交通量
●建築確認申請
●食品営業許可

12.7.11ヘッドライン

特集
○2013年度 北近畿事業所の採用計画

京丹後
●アウルコーポレーションが「水辺のホテル」に入浴施設=完成イメージ図=計画


●日進製作所の12年3月期決算概要
●ベルマリエが創業25周年式典開く

福知山
●GSユアサが長田野にメガソーラー計画

舞鶴
●日本公庫舞鶴支店が海外展開支援セミナー開く

宮津・与謝
●丹後海陸交通の12年3月期決算概要

但馬
●初のシースルー店舗 「クリーニング白バラ浜坂店」が開業
●道の駅「あまるべ」=写真=がオープン


●高品質弁当で差別化を ハローランチ但馬店
●公共建築賞に大屋地域局など受賞

12.7.11ピックアップ1

計画停電 北近畿の企業、対応に苦慮

今夏の電力不足に備えた節電の要請期間が2日、スタートした。関西電力大飯原発(おおい町)の3号機については再稼働したが、4号機が発電開始予定の21日、フル稼働予定の25日までは電力需給の見通しが厳しく、関電は万一の備えとして計画停電の実施も視野に入れている。北近畿でも多くの地域が対象区域となっており、各企業は計画停電が行われた際の対応に苦慮している。

12.7.11ピックアップ2

最高路線価、福知山と豊岡は横ばい
2012年の路線価

大阪国税局は2日、2012年の路線価(1月1日現在)を公表した。北近畿7税務署の最高路線価をみると、福知山と豊岡の2署が横ばいとなった一方、舞鶴など5署で下落し、舞鶴、峰山、柏原の3署では下落率が拡大した。豊岡は2年連続で横ばいを維持している。

12.7.11ピックアップ3

京都ハンナリーズ 舞鶴で府北部初の公式戦
地元経営者らが後援会設立

日本プロバスケットボールリーグのbjリーグに参戦している「京都ハンナリーズ」が、2012―13年シーズンの公式戦を10月27、28日に舞鶴市上安久の舞鶴文化公園体育館で行うことを決め、舞鶴市内の会社経営者らが府内初の地方後援会組織を設立した。

12.7.11データなど

●日銀の管内金融経済概況
●6月の日銀短観
●6月1日の推計人口
●6月の白生地生産量
●5月の有効求人倍率
●5月の舞鶴港貿易額
●5月の兵庫信用保証状況
●国、府県、市の入札結果
●府県の企業倒産情報
●不動産競売情報
●建築確認申請
●食品営業許可

購読キャンペーン