アーカイブ : 2012年 6月

12.6.21ヘッドライン

福知山
●さとうが複合商業施設「東野パーク」を今秋出店へ
●府北部でe-ラーニングを 大嶌工務店が普及に力

綾部
●綾部鉄工工業協同組合が創立60周年式典開く

舞鶴
●赤れんがパークにビアホール 29日開業へ
●西方寺に「雲の上のゲストハウス」が開業

宮津・与謝
●宮津市がご当地ナンバープレート導入へデザイン募る
●天橋立観光協会の天然水「龍の水」が完成

京丹後
●野田川大宮道路の整備本格化 第14トンネルの安全祈願祭行う=写真

但馬
●豊岡の近畿オーディオ 建物の防滑事業に注力
●豊岡のウノフク 東京に事務所・ショールーム=写真=開設へ


●ヨモギを朝来の特産に アルテミス食健が商品開発を本格化

兵庫丹波
●ワタミファームが丹波市に9カ所目の農場開設

若狭
●高浜町 役場庁舎の新築移転計画進める

北近畿企業の決算
○さとう(福知山)の12年2月期決算概要

12.6.21ピックアップ1

過疎地域の遊休地で太陽光発電を
近畿北都住設とキヅキ商会 新会社設立し「兵庫プロジェクト」始動

再生可能エネルギー固定価格買取制度の7月1日施行を控え、太陽光発電設備の販売施工を手掛ける近畿北都住設(本社・福知山市堀)とキヅキ商会(同・豊岡市元町)は今月末までに、遊休地を活用して太陽光発電の普及を図る新会社を設立する。「兵庫プロジェクト」と銘打ち、個人や企業などから発電施設建設への出資を募って兵庫県内25カ所に施設を設ける計画。全国的にも例が少ない取り組みで、遊休地活用により地域の活性化につなげる。

12.6.21ピックアップ2

遅れる中小企業の業績回復
北近畿4金融機関 金融円滑化法の返済猶予実績

但馬銀行、京都北都信用金庫、但馬信用金庫、中兵庫信用金庫の北近畿4金融機関がまとめた「中小企業金融円滑化法」に基づく3月末までの返済猶予実績によると、中小企業からの借入金に対する条件変更の申し込み件数は4金融機関を合わせ1万2979件、金額は2774億5800万円に上った。各金融機関とも、返済猶予を申請した企業のうち半数近くが再申請を行っており、経済情勢の悪化で企業業績の回復が遅れているとみられる。

12.6.21ピックアップ3

海外への販路拡大を
京丹後の大善 マレーシアの団体と業務提携

京丹後市大宮町下常吉の織物業、大善は5月31日、海外への販路拡大を目的にマレーシアの団体と業務提携に関する契約を交わした。大手繊維メーカーの帝人が開発したバイオプラスチック繊維「バイオフロント」を使った生地を同国で展開するもので、同国を拠点に中東など他国への販売も目指す。

12.6.21データなど

●5月の企業倒産概況
●5月の白生地生産量
●5月の手形交換概況
●4月の舞鶴港貿易額
●4月の交通量
●建築確認申請
●食品営業許可
●不動産競売情報
●府県の企業倒産情報
●国、府県、市の入札結果

12.6.11ヘッドライン

舞鶴
●療養型市民病院、年内に着工 赤十字病院隣に新築移転
●舞鶴観光協会 年度内に一般社団法人に
●チェリオが赤れんが倉庫でブライダルフェア開く=写真

福知山
●自主的、主体的な組織運営を 長田野工業センターが総会
●がん診断の精度向上 京都ルネス病院が「PET-CT」導入

綾部
●廣子園が自己破産申請へ

京丹後
●全国新酒鑑評会で金賞 木下酒造の大吟醸「玉川」
●9億8000万円の肉付け 京丹後市6月補正予算案

但馬
● 養父市観光大使にモンエン大林さん
●但馬銀行が事業者支援で豊岡市と連携協定
●さとうの「フレッシュバザール春日店」が新装開店

兵庫丹波
●丹波市も配達エリアに さとうの宅配サービス=写真

若狭
●小浜市5%増の141万人 福井県の11年観光入り込み

 

12.6.11ピックアップ1

豊岡で野球選手の育成を
NOMOベースボールクラブ 本拠地を堺市から移転

元大リーガーの野茂英雄氏が理事長を務める社会人野球チーム「NOMOベースボールクラブ」が本拠地を大阪府堺市から豊岡市に移転する。10月ごろから豊岡での活動をスタートさせる予定で、地元では野球レベルの底上げと交流人口増加による地域経済の活性化に期待を寄せている。

12.6.11ピックアップ2

日本海国土軸の形成を
京都、兵庫、鳥取の3府県 鳥取豊岡宮津道整備推進協を設立

京都、兵庫、鳥取の3府県は5月30日、「鳥取豊岡宮津自動車道」の整備推進協議会を設立した。鳥取県内であった初会合では、2013年度国予算に野田川大宮道路(京丹後市大宮町森本―宮津市須津間)など4区間の整備費確保などを求める要望書を採択した。

12.6.11ピックアップ3

厳しい環境下で前年度実績を上回る
長田野、綾部工業団地の2011年度の概況

長田野工業団地、綾部工業団地の2011年度概況がまとまった。当年度は東日本大震災やタイの洪水被害、円高、電力需給問題、欧州の金融不安と厳しい経営環境にあったものの、長田野、綾部ともわずかながら前年度を上回る実績を確保した。

12.6.11データなど

●2011年度 県北中部の信用保証状況
●2011年府のパスポート申請件数
●5月1日の推計人口
●4月の有効求人倍率
●1~3月の交通量
●建築確認申請
●食品営業許可
●不動産競売情報

購読キャンペーン