アーカイブ : 2010年 10月

10.10.21ヘッドライン

福知山
●足立音衛門 松村家住宅を本社店舗に改修=写真


●市が空き店舗情報を公開する「ストックバンク制度」始める
●福知山ファミリー再閉鎖へ

舞鶴
●ヤマダ電機が「テックランド舞鶴店」を計画
●舞鶴商工会議所などが古民家活用の「あきんど講座」開く

綾部
●日東精工が「SXドライバ」を発売
●リサイクルショップ「デポ」が開店
●「竹松うどん店」がオープン

京丹後
●市のクラインガルテン 利用者募集始まる
●にしがき 豊岡に初のグループホーム開設

宮津・与謝
●小島建設(与謝野町)が事業停止

但馬
●さんれいフーズ 豊岡に北近畿営業所建設へ
●城崎の木屋町小路=写真=がグッドデザイン賞を受賞


●おおや振興公社が養父市と防災活動協定結ぶ
●養父市と山陽盃酒造が純米吟醸酒「仙櫻」の蔵開き式行う

丹波
●ささめ針の5階建て新社屋が完成
●春日IC付近が県の産業集積促進地区に

10.10.21ピックアップ1

金融市場の回復で増益に
09年度の北近畿4金融機関経営状況

 北近畿に本店を置く4金融機関の経営状況(09年度)をまとめたディスクロージャー誌が出そろった。金融市場の回復で有価証券の減損処理費が減少したため、前期の減益から一転、いずれも増益となった。一方で、厳しい経済情勢から事業性貸出金は伸び悩みの状況。 貸出金だけのリスク管理債権額は、合計で前年度比4.5%減の701億5000万円に減少、不良債権処理が進んでいる。

10.10.21ピックアップ2

景気後退で従業員数3900人減
北近畿14市町の09年工業統計速報結果

 京都、兵庫両府県がまとめた09年の工業統計調査結果(速報)によると、北近畿の事業所数は前年比213社減の1734社、従業員数は同3900人減の4万7463人、製造品出荷額は同16.3%減の1兆2516億7500万円となった。08年秋以降の世界的な景気後退が影響しており、中でも従業員数の大幅な減少が目立つ。

10.10.21ピックアップ3

朝来の冨士発條 来春に新工場稼働

 金属製品製造業、冨士発條(本社・朝来市和田山町筒江、藤井啓社長)は、来年4月から車載用・蓄電用大型リチウムイオン電池部品の量産に入る。本社工場が手狭なことから、朝来市が整備を進めている同市山東町柿坪の山東工業団地に新たな用地を確保した。

10.10.21データなど

●9月の企業倒産
●9月の手形交換
●9月の建築確認申請受理件数
●県北中部 8月の信用保証状況
●日銀京都支店の管内金融経済概況
●建築確認申請
●食品営業許可
●国、府県、市の入札結果
●府県の企業倒産情報
●不動産競売情報

10.10.12ヘッドライン

福知山
●結婚式プロデュース会社のカラーズ設立
●ピュアウェディングが女性対象のキャリアアップセミナー

舞鶴
●舞鶴市などがアカモクで新かまぼこ試作
●関西電力が舞鶴発電所のしゅん工式行う=写真


●病児保育室「ピノキオ」が運営開始

綾部
●ホテル綾部運営の日丸興産 温泉柱に独自の経営路線
●FMあやべがサイマル放送開始
●大槻ポンプ工業 綾部市に簡易トイレ寄贈
●「綾部アンジュセレモニーホール」が完成

宮津・与謝
●与謝野町に複合型福祉施設計画

京丹後
●シマダの「風のチャペル」=写真=が完成

但馬
●若手クリエーターを支援 22、23日に「TSUBOMI本舗」開催
●養父市商工会 11月に「木彫フォークアート」のモニターツアー
●神戸親和女子大の学生らが但東町でフィールドワーク

兵庫丹波
●東洋ハイテック 篠山に「粉体技術センター第3棟」を建設

10.10.12ピックアップ1

プラス効果、地域によって温度差
舞若道 無料化社会実験開始から3カ月

 高速道路の無料化社会実験が始まって3カ月がたった。北近畿では舞鶴若狭自動車道が対象区間だが、地域へは観光面で舞鶴と若狭方面にプラス効果が表れている。しかし、宿泊客が伸びなかったり、業種によっては売り上げが落ち込んでいるところもあるなどもろ手を挙げて喜べる状況ではない。沿線から外れている丹後、但馬ではプラスに作用した声は聞かれず、地域によって温度差が見られる。

10.10.12ピックアップ2

百貨店と同じフロアに新店
福知山の西山寛商事

 食品スーパーを経営する西山寛商事(本部・福知山市駅前町、西山進社長)は、阪急百貨店が入る川西市の大型商業施設「アステ川西」の地下1階に新店舗を出店する。9月から改装工事を進めており、年内にも開店したい考え。百貨店の食品売り場とスーパーマーケットが同一フロアで営業するのは全国初の試みといい、食品スーパー業界から高い関心が寄せられている。

10.10.12ピックアップ3

舞鶴市 「赤れんがパーク」に着工

 舞鶴市北吸の赤れんが倉庫群を一帯整備する市の「赤れんがパーク」(仮称)整備事業で、同所に残る6号、7号倉庫を保存改修する耐震補強工事が2日、始まった。市民の芸術文化活動の拠点を目指し、音楽スタジオや創作工房、コンサートなどに活用する大ホールなどを整備する。来秋の京都国民文化祭で公開し、12年春のオープンを目指す。

10.10.12データなど

●9月の日銀短観
●9月1日の推計人口
●8月の交通量
●8月の有効求人倍率
●8月の舞鶴港貿易額
●建築確認申請
●食品営業許可
●国、府県、市の入札結果
●府県の企業倒産情報
●不動産競売情報

購読キャンペーン