アーカイブ : 2010年 1月

10.1.21ヘッドライン

連載
○業種別北近畿の元気企業 建築・リフォーム業編④
 「世紀またぎ地域貢献」=坂根工務店(舞鶴市)

福知山
●市土地開発公社 福知山駅南15街区=写真=への出店者募る


●長田野工業センターが新年互礼会開く
●「長浜ラーメン」が移転オープン

舞鶴
●新規出店10店舗を計画 舞鶴ホンダグループが今年の事業方針示す
●老舗旅館の白糸が自己破産申請へ
●舞鶴国際ふ頭 4月1日供用開始

宮津・与謝
●与謝野産品LLP 京料理店と「豆腐鍋」のレシピ考案
●京都北都信金の金融円滑化窓口 開設1カ月で相談件数が前年の倍に
●白バラドライ宮津店がオープン
●伊根町の向井酒造 純米吟醸酒「美穂久仁」を発売

京丹後
●網野町でジャーナリストの高野孟氏招いた新春経済講演会
●京たんごプロジェクト4が京都市内で野菜市場を開く
●京丹後市が「空き家情報バンク」の運用始める

兵庫丹波
●中兵庫信金 金融円滑化相談窓口を全28店舗に開設

但馬
●香美町の大平山荘=写真=が新しい利用客の取り込みに成功


●かばん産業などテーマに活性化策 県立大生が研究成果を披露

10.1.21ピックアップ1

貝を電熱乾燥処理し肥料化
舞鶴のソーシンプランニング 環境に配慮したリサイクル装置を開発

総進建設工業(本社・舞鶴市行永東町、稲生晴茂社長)のグループ企業で装置メーカーのソーシンプランニング(同社長)が、海中の貝類を電熱乾燥処理して肥料にリサイクルする「海生貝類処理装置」を開発した。すでに火力発電の関西電力舞鶴発電所(同市千歳)が全国で初めて導入。産業廃棄物を無公害で肥料に変え、処分コスト削減につなげる画期的な環境システムとして今後、各方面に売り込みをかける。

10.1.21ピックアップ2

イタリア料理店と農家が連携
福知山のサリィズ 総菜やスイーツを開発

福知山市西本町でイタリア料理店の「サリィズキッチン マーガ」を経営するサリィズ(安藤由香社長)が、同市夜久野町の農家と連携し野菜を使った総菜やスイーツの開発に取り組んでいる。現在は6品の試作品作りを行っており、早ければ今春から漬物など一部商品の販売を始める。

10.1.21ピックアップ3

景気低迷と高速割引で明暗
年末年始の道路、鉄道利用状況

年末年始の高速道路と鉄道の利用状況がまとまった。高速道路の利用台数は前年同期を上回った一方、JR線などは景気低迷による出控えや高速料金割引の影響で利用者が減り、明暗が分かれた。

10.1.21データなど

●09年の企業倒産概況
●日銀京都支店の管内金融経済概況
●年末年始の城崎温泉利用者数
●11、12月の車庫証明交付件数
●12月の手形交換概況
●12月の建築確認申請件数
●地裁の不動産競売情報
●建築確認申請
●食品営業許可
●企業倒産情報

10.1.12ヘッドライン

連載
○業種別北近畿の元気店 建築・リフォーム業編③
 「良い仕事が信用、信頼に」=米田組(福知山市)

綾部
●タマヤが環境配慮したドギーバッグ開発
●中心市街地活性化へ 大本通りの舗装工事が完了

舞鶴
●市内14店目の「ローソン東舞鶴駅前店」がオープン

宮津・与謝
●伊根の向井酒造 古代米と酒かす使ったカステラ=写真=を開発


●宮津市が地元農産物の直売施設「まごころ月市」を開設

京丹後
●平井企画 IH調理器用研磨方法と用具の発明で特許取得

広域
●京都府が「京都エコスタイル製品」を募集

兵庫丹波
●市街地公共事業に市民の声を 丹波市中心市街地活性化協が市に要望書

但馬
●ブルーベリーを地元特産に 朝来町商工会が試験栽培始める=写真


●朝来市4商工会の「あさごぽっかぽっか鍋」が人気
●豊岡のHOTEL KOSHO 「コウノトリ本舗」で結婚式企画

10.1.12ピックアップ1

大型店に7割流れた自治体も
プレミアム付き商品券の発行実績まとまる

定額給付金の給付に併せ、地域内の消費喚起策として多くの自治体で発行されたプレミアム付き商品券。両丹経済新聞がまとめたところ府北部と県北中部では12市町で発行され、発行総額は27億6750万円に上った。少なからず地元消費につながったものの、その多くは大型店に流れる傾向が強く、食料品を中心とした日常生活品の購入に使われるなど不況下での消費動向の現状が浮き彫りになった。

10.1.12ピックアップ2

10年度末までに供用開始 宮津市街地の渋滞緩和に期待
鳥取豊岡宮津自動車道宮津野田川道路の進ちょく状況

府が宮津市内で工事を進めている鳥取豊岡宮津自動車道の宮津野田川道路が、10年度末までに供用開始される。10年近くの歳月をかけた同道路の完成により、都市部と丹後地域の交流促進や宮津市街地の渋滞緩和に期待がかかる。

10.1.12ピックアップ3

地域経済の難局を好機に
北近畿の5商工会議所が新年互礼会(賀詞交歓会)

北近畿各市の商工会議所が主催する新年互礼会(賀詞交歓会)が今年も行われた。出席者らは、地方の経済活動が滞る難局を好機に変え、新たな気構えで新年に臨む決意をした。

10.1.12データなど

●12月の交通量
●12月1日の推計人口
●11月の有効求人倍率
●11月の舞鶴港貿易額
●県北中部11月の信用保証状況
●日銀神戸支店の管内金融経済概況
●建築確認申請
●食品営業許可
●酒販免許許可
●地裁の不動産競売情報

購読キャンペーン