18.6.11ピックアップ1

企業の働き方改革を支援
豊岡の3社が新組織を結成

本業を通じて企業の労働環境改善などに取り組む豊岡市内の3社が連携し、各社の強みを生かして但馬地域企業の働き方改革を支援する新組織「豊岡CSV(Creating Shared Value)グループ」を立ち上げ、5月から本格的な活動をスタートさせた。各社の専門的な知識を結集し、働き方に関する企業の課題に対応するなど、地元企業の活性化につなげる。

新組織を立ち上げた3社の代表者=豊岡市内で

18.6.11ピックアップ2

カキの生食を安全に
ノロウイルスの除去技術   宮津の海洋高で実験

宮津市上司の海洋高校で5月25日、極小の泡を使ってカキからノロウイルスを除去する技術が披露された。精密機器メーカーのトスレック㈱(京都市)が同校の協力を得て開発したもので、実験では「安全に生食できる」と考えられる結果が出た。来年10月をめどに、ウイルス除去装置を商品化する。

18.6.11ピックアップ3

舞鶴で大規模音楽フェスを
市がミュージックコミッション設立

舞鶴市は5月31日、「舞鶴ミュージックコミッション(MC)」を設立した。映画などのロケ地を誘致する「フィルムコミッション」の音楽版で、舞鶴赤れんがパーク(同市北吸)や前島ふ頭(同市浜)などに大規模な音楽フェスなどを誘致したい考え。市は「観光消費を増やし、音楽に関わる新たな文化を生み出したい」としている。

18.6.1ピックアップ1

43億円投じ大規模園芸 和郷グループ
高浜に「ファーム&ファクトリー若狭」完成

高浜町安土で5月18日、大規模園芸団地「ファーム&ファクトリー若狭」の開所式があった。福井和郷(本社・高浜町安土)が、約6ヘクタールの広大な敷地に高糖度トマトを生産する大規模園芸ハウス、野菜をフリーズドライ処理する加工場、レタスを生産する人工光型植物工場の3施設を整備し、全施設が稼働した。総事業費は約43億円を投じた。

今年操業した植物工場の前でテープカットをして施設の完成を祝う関係者ら(高浜町安土)

18.6.1ピックアップ2

自家用車で旅客運送    養父市でサービス始まる

NPO法人養父市マイカー運送ネットワーク(愛称・やぶくる)=本部・養父市八鹿町八鹿=による自家用車を使った有償旅客運送サービスが5月26日、同市内の一部地域で始まった。同市の大屋、関宮両地域に限定した事業で、市民がドライバーとなり、住民だけでなく観光客らの輸送も行う全国的にも珍しい取り組み。公共交通機関の少ない地方都市の交通弱者救済策として注目を集めそうだ。

18.5.21ピックアップ1

神鍋にグランピングサイト誕生  豊岡のアドバンスが整備

豊岡市日高町栗栖野の神鍋高原に、但馬地域最大規模のグランピングサイト「Five senses(ファイブセンス)」が誕生する。アップかんなべスキー場などを運営するアドバンス(本社・豊岡市日高町栗栖野)が整備したもので、隣接するレストランや温泉施設と連携して食事や入浴のサービスを提供し、地域の活性化につなげる。6月初旬のオープンを予定している。

神鍋にオープンするグランピングサイト(豊岡市日高町栗栖野)

18.5.21ピックアップ2

舞鶴港に13万トン級客船 乗客3100人、城崎観光も

13万トン級の大型クルーズ客船「MSCスプレンディダ」(乗客定員3274人)が10日、舞鶴港に初寄港した。スイスの船社「MSCクルーズ」の船で、横浜港発着の日本一周クルーズの一環で寄港。乗客約3100人がバスなどに乗り換え府北部や京都市内のほか、城崎温泉も観光した。

舞鶴国際ふ頭に入港した大型クルーズ客船「MSCスプレンディダ」(舞鶴市下安久)

18.5.21ピックアップ3

丹波栗のジャム好評    丹波市の「やながわ」発売

丹波市春日町野上野の農産物加工・菓子製造販売業、やながわはこのほど、丹波産の栗と牛乳を使用した新商品「丹波栗ミルクジャム」を発売した。栗の風味が強い濃厚な味で好評を得ているという。

18.5.11ピックアップ1

複合開発地に新たなにぎわい
うみんぴあに一斉3店 おおい町

おおい町成海の「うみんぴあ大飯」にこのほど、ホームセンター、ドラッグストア、食品スーパーが一斉オープン、開業日には地元の買い物客らが詰めかけた。ホテルやマリーナ、児童館、道の駅などが集積する複合開発エリアに新しいにぎわいが生まれた。

生鮮食品スーパーと業務スーパーが入る「サニーハーバーマルシェ」(おおい町成海)

 

18.5.11ピックアップ2

熱気球で神鍋一望
豊岡のアドバンスが新アクティビティー

豊岡市日高町栗栖野のアップかんなべスキー場で4月28日から、熱気球に乗って周辺の景色を楽しむ新アクティビティー「神鍋そらんど」が始まった。常設の係留熱気球は関西地域では初めてといい、小さな子どもを持つファミリー層などをターゲットに集客を図る。

アドバンスが運行を始めた熱気球(豊岡市日高町栗栖野)

購読キャンペーン